第1弾アーティスト

  • 浅草ジンタ

    浅草ジンタ

    YOU TUBE

    唸る世界最速スラップベース、突き抜けるホーン隊。勇ましくネイティブなメロディーとリリックス。祭りを感じる熱狂的なグルーブ。ネ オジンタという特異なバンド形態。日本的な情緒のマーチ、ポルカ、ワルツをロックへと昇華させている。

    2004年極東・浅草で孤高の土着型ロックバンドとして結成、三遊亭小遊三師匠より、浅草ジンタ(あさくさじんた、 Asakusa Jinta)と命名される。客員として落語芸術協会所属。小遊三、歌丸師匠をはじめ、ビートたけし、楳図かずお等、蒼々たるメンバーとのコラボレーション や、地元浅草に根ざした活動を常にしつつも(東京都台東区主催のしたまちコメディ映画祭では、メインテーマ「君がこの街にやってきて」を提供)、国内の重要なフェスには連続参加し、インターナショナルなステージでの評価も高い。

    これまでに、アメリカ、スウェーデン、フィンランドツアー、オランダのLOWLANDS 、UKツアーなどを経て、2013年には世界最高峰のフェス、グラストンベリーへの出演を果たした。同年、日本テレビドラマ『ダンダリン』の劇伴を描きおろし、サウンド・トラックとしてアルバムをリリース。さらにはロックバンドとして史上初めて「笑点」で演奏するなど、バンドの活動の原動力であり、ポリシーでもある「ロー カル&グローバルな活動」を実践しつづけ、2014年には活動10周年を迎えた。現在は最新アルバムの制作をすすめながら、円熟期を迎えたライブバンドとしてより積極的に国内外で活躍中。

    MEMBERS are
    和尚     (ヴォーカル/ウッドベース)
    シーサー   (トランペット)
    シンヤ    (ギター)
    B-Ken (チューバ/ユーフォニウム)
    ヨッツ    (ドラム)

    WEB:www.asakusajinta.com
    Facebook:www.facebook.com/asakusajint6

  • group_inou

    group_inou

    YOU TUBE

    imai[TRACK]とcp[MC]からなるユニット。唯一無二の音楽性とライブパフォーマンスで破竹の快進撃を展開中。国内外を問わず、あらゆるミュージシャンと共演し、世界規模のコンテスト"Diesel-U-Music Awards 2006"でJAPAN WINNERを獲得。"FUJI ROCK FESTIVAL"、"RISING SUN ROCK FESTIVAL"、"COUNTDOWN JAPAN"等の大型フェスに出演。これまでに3枚のフルアルバムを発表。いずれもロングセールスを続けている。

    WEB:http://g-a-l.jp/group_inou/

  • sleepy.ab

    sleepy.ab

    YOU TUBE

    札幌在住の3ピース・バンド。

    接尾語の"ab"が示す通りabstract=抽象的で曖昧な世界 がトラック、リリックに浮遊している。シンプルに美しいメロディ、声、内に向かったリリック、空間を飛び交うサウンド・スケープが3人の"absolute" な音世界をすでに確立している。

    FUJI ROCK FES., SUMMER SONIC,ROCK IN JAPAN,ARABAKI ROCK FES, RISING SUN ROCK FES,RUSH BALL,JOIN ALIVEなどの大型フェスにも出演。

    (member)
    成山 剛 : Tsuyoshi Nariyama / Vocal, Guitar
    山内憲介 : Kensuke Yamauchi / Guitar
    田中秀幸 : Hideyuki Tanaka / Bass

    WEB:http://sleepyab.info/
    Facebook:https://www.facebook.com/sleepy.ab
    Twitter:https://twitter.com/sleepyab

  • トクマルシューゴ

    トクマルシューゴ

    YOU TUBE

    東京出身。ギターと玩具を主軸に無数の楽器を演奏する音楽家。楽曲の全てを作曲、演奏、録音までひとりで作り上げている。TONOFONを主催。
    2004年5月、米NYのインディ・レーベルより、1stアルバム『Night Piece』をリリース。無名の日本人、日本語歌詞であったにもかかわらず、各国のメディアで絶賛を浴び、世界中から注文が殺到して初回プレス分は瞬く間に売り切れる。日本でも同年8月にリリースされる。
    } 2ndアルバム『L.S.T.』はヨーロッパやニュージーランドでも相次いでリリースされ、雑誌、新聞、ラジオ等で大きく取り上げられる。 3rdアルバム『EXIT』はSony-BMG傘下のレーベルより北米リリース。北米ツアーでは4公演全てがソールドアウトとなる(BeirutやThe Nationalのメンバーを伴ったバンド編成)。10月に再渡米し、The Magnetic Fieldsのサポートアクトとして2000人規模のホールツアーを行う。フジロック、NANO MUGEN FESにも相次いで出演。2009年にはヨーロッパ最大級の音楽フェス、ロスキレに出演に欧州ツアーも行う。
    2010年『Port Entropy』をリリース、日本全国13カ所でツアーを行い全公演が即ソールドアウト。NHK『トップランナー』に出演。「Clocca」がバンクーバーオリンピックのスポットCMに起用。無印良品のCMを手がけるなど、全国的に知名度を上げていく。
    2011年には自身が主催する"TONOFON"を立ち上げフェスなどを開催。フジロックにて満員のWHITE STAGEに出演。『Tonofon Festival & Solo 2011』DVDをリリース。
    2014年現在、最新作5thアルバム『In Focus?』をワールドリリース中。"KATACHI"のMVが海外の様々な賞を受賞。

    WEB:http://www.shugotokumaru.com/

  • D.W.ニコルズ

    D.W.ニコルズ

    YOU TUBE

    2005年結成、2009年9月9日メジャーデビュー。 一度聴いたら一緒に歌いたくなる。一緒に歌えば、いつの間にか笑顔になってる。 そんな耳に馴染む音楽と心に残る言葉をうたうD.W.ニコルズ。 どこか懐かしくて少しとぼけたあたたかなポップソングは、聴く人の毎日の物語に寄り添ううた。 唄と演奏とトークで観る人すべてをスマイルにする彼らのLIVEパフォーマンスが話題を呼んでいる。 結成10周年となる2015年に向けて、精力的にライブ活動等を展開中。

    WEB:http://www.dwnicols.com/
    Facebook:https://www.facebook.com/dwnicols
    Twitter:https://twitter.com/dw_nicols

  • Predawn

    Predawn

    YOU TUBE

    Predawn (プリドーン=夜明け前)を名乗る、女性ソロシンガーソングライター。かわいらしくも凛としたたたずまいと、天性の声に魅了されるリスナーが続出している。UKロック、オルタナティブロック、ルーツミュージックを独自に昇華し、少々ひねくれつつもドリーミングかつヒーリング的な聴き心地が融合した音楽は、国内において類を見ない。2010年6月に、作詞/作曲/演奏/歌唱/録音をすべて一人で行った、1stミニアルバム「手のなかの鳥」をリリースし、日本全国でロングセールスを記録。その後、数々のフェスやライブ活動を重ねつつ、2013年3月に1stフルアルバム「A Golden Wheel」をリリース。発売した初週にオリコンインディーズチャートで1位となり、注目度の高さがうかがえる。

    WEB:http://www.predawnmusic.com/
    Facebook:http://www.facebook.com/Predawn
    myspace:http://www.myspace.com/tartetatin

  • ペトロールズ

    ペトロールズ

    YOU TUBE

    長岡亮介、三浦淳悟、そして河村俊秀の3人組。クルマ好きの長岡が英国でガソリンを意味するペトロールという言葉をグループ名に冠して2005年に結成。ひとつひとつの音が消える瞬間までを意識下に置いたその演奏は人々の集中力を引き付ける。一捻りされた催しなどでリスナーとの信頼関係を築き続け、愛好家は着実に増え続けている。 9枚(※1)の作品をリリース。

    (※1) 1.「MUSIC FOUND BY HDR-HC3」:ライヴ記録用のビデオカメラHDR-HC3によって収録されたライヴコンセプトアルバム。2008年リリース。現在品切れ。
    2.「EVE2009」:12月31日にリリースされた初スタジオレコーディングによるミニアルバム 2008年リリース。現在品切れ。
    3.「amber」:代官山UNITでの単独公演を記念して制作されたシングルCD 2009年リリース。現在品切れ。
    4.「idol」:ライヴ会場のみで発売しているシングルCD 2010年リリース。
    5.「capture 419」:2012年のペトロールズをキャプチャーした従来のライヴ版を逸脱したライヴコンセプトアルバム。2012年リリース。現在、ライヴ会場・JET SETにて販売中。
    6.「Problem」:初の全国流通版。2012年リリース。
    7.「dice」:「EVE2009」、「amber」を収録・リマスターした作品。 2013年リリース。現在、ライヴ会場・JET SETにて販売中。
    8.「Touch Me」:ライヴ会場のみで発売しているシングルCD 2013年リリース。
    9.「SIDE BY SIDE」:全国流通版シングルCD。2014年リリース。

    WEB:http://www.petrolz.jp
    Twitter:http://twitter.com/thepetrolz

※50音順

まだまだ追加予定!!

チケット

前売券 ¥5,900
 当日券 ¥6,900

※前売券が完売した場合、
当日券は発売いたしません。
※小学生以下は無料です。

10代と学生の方限定割引!

実質
サンキュープライス
¥3,900

前売券(¥5,900)をご購入の10代と学生の方は
当日会場にて身分証提示で
¥2,000キャッシュバック!

ネットで簡単スマートなかっこいいあなたに
らくらくWEBチケットを買う

思い出を手元に残しておきたいかわいいあなたに
オリジナルチケットを買う

※チケットの手配が雪影響で遅れており、店舗にチケットがまだ届いてない場合があります。
23日頃には全店舗チケットが手配されていると思います! ごめんなさい!

 注意事項をよくお読みの上、
チケットをご購入ください。

  • ・チケット(もしくはEチケット画面等)はZepp Sapporoの受付でリストバンドと引き換え、以降はZepp Sapporo,DUCE会場ともにリストバンドにより再入場チェックを行います。毎回のご提示にご協力よろしくお願いいたします。
    ※リストバンド紛失の場合は再購入もしくは退場していただくこととなりますのでご注意ください。
  • ・チケット(もしくはEチケット画面等)に番号が記載されている場合がありますが、これは入場整理番号ではありません。入場は各会場とも整列順と なりますが、真冬のフェスですので極端に早い時間からの整列はご遠慮ください。
  • ・チケットをお申込み後の変更・キャンセルはお受けできませんのでご注意ください。
  • ・出演者のキャンセルがあった場合もチケットの払い戻しはいたしませんのでご了承ください。
  • ・飲食物の持ち込みはお断りさせていただきます。会場で飲食店の出店がありますのでぜひご利用ください。
  • ・飲酒運転および未成年者の飲酒・喫煙は絶対にお止めください。また成人の皆さんも過度の飲酒にはご注意ください。
  • ・ライブ中は携帯電話をマナーモードに設定するか、電源をお切りください。
  • ・会場内へのカメラの持ち込みは可能ですが、出演アーティストの撮影・録音は一切禁止いたします。
  • ・真冬のフェスですので、3会場間の移動の防寒対策を十分に行ってください。なお、一般の方々も多く通行しますので、ゴミのポイ捨て、歩きタバコ 等の近隣の方々の迷惑になる行為は絶対にお止めください。
  • ・他のお客様へ危害が加わるおそれがある危険行為は一切禁止いたします。 また、同行為によって怪我・事故等がおこった場合はおととたびでは一切関与せず、全て当事者同士で解決していただきます。
  • ・理由を問わず喧嘩、暴力行為が発見された場合は退場していただきます。
  • ・喫煙については各会場とも指定場所でお願いいたします。
  • ・荷物を預ける際にはZepp SapporoおよびDUCE内のコインロッカー等をご利用ください。