出演者

なかにしりく

ギター1本でどこへでも行くボヘミアン型シンガーソングライター。ほろ苦く甘いビタースウィートな楽曲の数々を、耳馴染みの良いハスキーな声と繊細なファルセットを織り交ぜて歌い上げ、まるで映画のように目の前の風景を一変させてしまうその音楽世界。
2010年~2013年まで〈なかにしりくトリオ。〉のボーカルとして活動。「cafe au lait」「bohemian times」と2枚のアルバムをリリースし、RISING SUN ROCK FESTIVAL、oto to tabiなどのフェスに出演する。
近年は楽曲提供、映画出演など多方面でも活躍中。2013年 福島こでらんに博の劇場CM音楽を担当。
2014年 中山うり、ブレッド&バターのオープニングアクトを務める。ホーンセクションを含めた総勢6名の〈なかにしりくファミリー〉を結成。
2015年 oto to tabiに〈なかにしりくファミリー〉で出演。短編映画『シャッター× シャッター』の主題歌・劇中歌を担当。
2016年4月に初のソロアルバム「yellow knife」をリリース。MVと連動した短編映画『きづき』の音楽を担当。なかにしりく役として主演も務める10月に開催された札幌国際映画祭に短編映画『きづき』がノミネートされる。
2017年7月に2nd Album「にこん」リリース。8月にはRISING SUN ROCK FESTIVALにソロ名義での出演を果たす。

STAFFより

毎年、何らかの新しい取組みに挑戦してきたOTO TO TABI。今年の取組みのひとつにキッズエリアがあるのですが、そこでの出演を快諾いただきました!お客様に家族連れの方が多かったり、友人にも子どもができたりして、今の私たちがとっても気になるテーマ。昼間はキッズエリアで親子で楽しめる内容で(もちろんご家族連れ以外の方も大歓迎!)。夜はゆきんこステージでアダルトなライブを。一日で2度、異なる顔をみせてくれる予定です。さらに、前日芸術の森で開催予定の前夜祭でも歌ってもらう予定です!今年30歳を迎えたなかにしりくさんと、新たな挑戦に一緒に迎えることがとても楽しみです!

WEB

SNSで最新情報を発信しています