出演者

柴田聡子

大学時代の恩師の一言をきっかけに活動を始める。作品の発表は数多く、現在までに三沢洋紀プロデュース多重録音による1stアルバム「しばたさとこ島」、自身で録音した2ndアルバム「いじわる全集」、山本精一プロデュースによる3rdアルバム「柴田聡子」、岸田繁(くるり)、山本精一のプロデュース参加を始め、錚々たるミュージシャンたちと紡いだ4thアルバム「愛の休日」を発売。また、フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」を発表、2016年、初の詩集「さばーく」を発売。第5回エルスール財団新人賞<現代詩部門>を受賞。2017年、雑誌『文學会』においてエッセイの連載を開始。また、2017年12月26日放送の又吉直樹初脚本作品、NHK特集ドラマ『許さないという暴力にについて考えろ』には森川葵の姉役としてドラマ初出演を果たすなど、歌うことを中心に、垣根のない表現で活動の幅を広げている。

STAFFより

昨年札幌の音楽好きやミュージシャン界隈がみな絶賛していたのは、柴田聡子さんの4thアルバム「愛の休日」だった印象があります。なんせ岸田繁・山本精一らがプロデュースとして参加している珠玉作。その中の1曲「後悔」なんて、PVでは顔面がずっとどアップで構成される面白さ、中毒性。バックバンドが伊藤大地さんと石橋英子さんらという胸キュンさ。歌詞の正直さ?強さ?少しの言葉でその風景と温度感が広がる感じがとても心にささります。「バッティングセンターでスウィング見て以来実は抱きしめたくなってた(後悔)」「テニス部に入り直して土にまみれているうちに過ぎ去っていく青春(ゆべし先輩)」しかも札幌出身ということにも驚き。みな彼女から放たれるもののどこかに近いものを感じているのではないでしょうか。TV番組やNHKドラマの出演から、文學界でのコラム連載など、シンガーソングライターだけではないたくさんの魅力にもとりつかれそうです。

WEB

SNSで最新情報を発信しています