出演者

山田祐伸+横山祐太+塚野洋平

山田祐伸(うた/アコースティックギター)
横山祐太(トランペット)
塚野洋平(エレクトリックギター)
chikyunokikiのボーカル・ギター山田祐伸のソロライブで別々に共演していた、ジャンル問わず様々なアーティストと共演し続けるトランペッターの横山祐太と、CHUVA CHUVA・dabo da boelのギターマン塚野洋平の2人を招いて結成したトリオ。時に、静かに・熱く・激しいけど悲しげな、ポストロックでもジャズでもジャムセッションでもない、北の空の色のような音を奏でます。2018年春 Cross Culture Records よりアルバムリリース。

STAFFより

昨年TOBIU CAMPの校舎の一室のカフェスペースで、しかもテーブル越しには作家の奈良美智さんがいる中、彼らが行ったライブがとても良くて、奈良さんもノリながら良い表情で聴いていたのが記憶に残っています。山田祐伸さんの曲でありながらchikyunokikiとはまた違う、曲の良さがしみじみと伝わってくる感じ。同じ”ひきかえる”でも、chikyunokikiは爆発的なかっこよさなのに、この編成になると浮遊感ただよう中、塚野洋平さんのギター、横山祐太さんのトランペットが心地よく耳に吸い込まれていき、名曲がやっぱり名曲だったんだと再認識させてくれるものになっています。OTO TO TABIではchikyunokikiも山田祐伸+横山祐太+塚野洋平も両方楽しめるなんて、山田祐伸ファンには鼻血ものです。春にアルバムも出るとのことなので、こちらも楽しみですね!

WEB

SNSで最新情報を発信しています