出演者

小林うてな

長野県原村出身。東京在住。
ラップトップでの作曲、ライブを軸に、ライブやレコーディングのサポートではスティールパン奏者として活動。
他、劇判制作、広告音楽制作、楽曲アレンジ等。
2018年6月、レーベル「BINDIVIDUAL」立ち上げ。
「Black Boboi」「蓮沼執太フィル」「UTENA DESTROY NAOMI」

これまでの参加作品(敬称略)
KID FRESINO / D.A.N. / 環ROY / トクマルシューゴ / 坂本美雨 / Ackky 他

これまでのライブサポート(敬称略)
Open Reel Ensemble/ 大比良瑞希 / D.A.N. / ASA-CHANG & 巡礼 / ササノマリイ / 王舟ビックバンド 他

STAFFより

うてなちゃんのソロライブを初めて見て、そこで聞いた “Brain” にとんでもない衝撃を受けたのは去年の7月のこと。曲の前半は淑やかに神聖に、ゆらゆらと深いところに潜っていくようなイメージで、わたしはこれぞうてなちゃん、と思いながら揺れていました。
が、一転。徐々に、そして確かに変わっていく曲調。心地よく海中を漂っていたら、突然目の前に海底都市が現れたときの人魚の気持ちが分かったような気がしました。爆裂EDMへと展開し迎えるクライマックスは、さながらRPGのラスボス戦のような壮大さ。なんだこれは!?!!
「EDMは太古の音楽だと思ってるから。みんなで焚き火囲んでワーッ!ってしようよ!って」とは、その日のうてなちゃんのお言葉。それって、もしやとってもOTO TO TABIらしい光景なのでは。
ライブを見ればわかると思います。その生命力の強さが。深く強く血の通った音楽だということが。今年のOTO TO TABIを一番アツくするのは、もしかするとうてなちゃんかもしれません。

© OTO TO TABI. All Rights Reserved.