出演者

STUTS

1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。
2013年2月、ニューヨーク・ハーレム地区の路上でMPCライブを敢行。オーディエンスが踊り出す動画をYouTubeで公開して話題になる。MPC Playerとして都内を中心にライブ活動を行う傍ら、ジャンルを問わず様々なアーティストよりトラック制作、リミックスの依頼を受けるようになる。
2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。
2017年5月、LAで開催されている老舗パーティー”Low End Theory"に出演。
2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。
2018年9月には待望の2ndアルバム『Eutopia』を発表し、ライブと並行して数多くのプロデュース、コラボレーションやCM楽曲制作を行っている。

STAFFより

毎年出演者が結構変わるOTO TO TABIですが、昨年に引き続き2度目の出演となるSTUTS。12月に豊平館で開催したスタートイベント”RITTO”では、チケットがソールドしてしまう位Alfred Beach Sandalさんと最高な空間を作り上げてもらい、みんなSTUTSのビートにやみつきになっているのを感じました!
紅白オープニングムービーの音楽制作から、星野源の作品への参加・バックMPCプレイヤーなど、いまや国民的トラックメイカーなのではと思うくらいの活躍っぷり。2/23土に札幌ドームで行われた星野源のライブの途中の演出では、STUTSひとりでMPCだけでドームを沸かせており、あのとてつもないカッコ良さを観てからずっと興奮が覚めません。
昨年アップされた朝日新聞デジタルでのインタビュー記事では、彼自身あまり触れる機会の無かったことも話されており、人柄や想いにもどんどん惹かれていきます。
>>注目のトラックメーカーSTUTS「常に自然体でいたい」 - 朝日新聞デジタル
今年はAURORA GARDENのトリをお願いしました!みんなででかいスピーカーの前でSTUTSのビートで踊りましょう!

© OTO TO TABI. All Rights Reserved.