OTO TO TABI in GREENOTO TO TABI in GREEN


MENU
×

Homecomings

畳野彩加(Vo./Gt.)、福田穂那美(Ba./Cho)、石田成美(Dr./Cho) 、福富優樹(Gt.)からなる4ピースバンド。
これまで3枚のアルバムをリリースし、台湾やイギリスなどでの海外ツアーや、4度に渡る「FUJI ROCK FESTIVAL」への出演など、2012年の結成から精力的に活動を展開。心地よいメロディに、日常のなかにある細やかな描写を紡ぐような歌詞が色を添え、耽美でどこか懐かしさを感じさせる歌声が聞く人の耳に寄り添う音楽で支持を広げている。
2017年からは、イラストレーター・サヌキナオヤ氏と共同で、映画と音楽のイベント「New Neighbors」をスタート。彼女たちがセレクトした映画の上映と映画にちなんだアコースティックライブの二本立てイベントを主催。2019年4月公開の映画『リズと青い鳥』の主題歌や、同年4月公開された、映画『愛がなんだ』の主題歌を担当。Vo畳野は、くるりやASIAN KUNG-FU GENERATIONの楽曲にゲストボーカルで参加するなど、活動の幅を広げている。
IRORI Recordsより2021年春メジャーデビュー。

OTO TO TABI スタッフより

5月に発売されたメジャーデビューアルバム『Moving Days』をCDショップで購入した際、フリーペーパーを一緒に手に取りました。フリーペーパーにはライナーノーツやサヌキナオヤさんの漫画などが掲載されており、読み応えたっぷりです。(Moving Daysの特設サイトからも見られます)

ライナーノーツには、作詞を担当しているGt.福富さんが収録曲全曲の各楽曲に込めた想いや作品の背景などが綴られており、 ファンとしては楽曲のことを深く知れるのをすごく嬉しく思います。 この歌詞にはこんな想いや風景があるんだと知ってから聴くと、またその楽曲への想いが深まり何度も何度も繰り返し聴いてしまいます。

今回、OTO TO TABI in GREENの出演アーティストのSpotifyプレイリスト、Homecomingsの選曲をしました。Moving Daysから4曲とWHALE LIVINGからSmokeを1曲。Smokeを選んだ理由は、苫小牧の大きな煙突の煙の歌で、大好きなわたしの生まれたまちの風景をいつでも思い出させてくれる特別な曲だからです。苫小牧ELLCUBEで実際にSmokeを演奏するHomecomingsを観られたときのきもちは忘れられません。きっと誰もがHomecomingsの歌のなかに、自分の大切な風景や日常を思い出すでしょう。

みなさんの素敵な演奏はもちろん、福田さんと石田さんの天使のようなコーラスに、福富さんの優しくて色を感じられる歌詞、そして畳野さんの透き通った特別な歌声。初夏の北海道で、OTO TO TABI in GREENで!Homecomingsを観られることが本当に本当に楽しみです。

戻る
© OTO TO TABI. All Rights Reserved.