しゃけ音楽会2024

toconoma

2008年東京渋谷にて結成。
情熱的なダンスビートから生まれるグルーヴに、感情的なメロディー。歌は無くとも、それ以上に伝わる何かがそこにはあった。紡がれた音はジャンルという壁を乗り越え、シーンの彼方を切り拓く。
2017年6月3rd Album“NEWTOWN”リリース後、FUJI ROCK2018(FIELD OF HEAVEN stage)に出演を果たし、10周年ワンマンツアーを東京TSUTAYA O-EAST(ソールドアウト)、香港を含む全4カ所で開催。アジア圏でもワンマンツアー開催/野外フェス出演など精力的に活動し、2020月7月8日に3年ぶりに4th Album “VISTA”をリリース!
2020年9月より全国6か所を延期等を乗り越えtoconoma JAPAN TOUR “VISTAS”としてツアーを実施、2021年5月に渋谷TSUTAYA O-EASTにてファイナルを開催。8月には初のドキュメンタリーDVD“VISTAS”をリリースし既に生産分は完売。2021年8月にはSPECIAL OTHERSを招いての自主企画「TOCOJAWS(トコジョーズ)2021」を恵比寿GARDEN HALLにて開催しチケットは即完売。2022年2度目のFUJI ROKC FESTIVAL (FIELD OF HEAVEN stage)にも出演を果たす。 2023年結成15周年を迎えワンマンツアー「TOCONOVA」、8月には自身初となる日比谷野音公演を成功させ、自分たちのペースを保ちながらゆっくり活動中。

STAFFより

はじめてtoconomaのライブを観に行った日のことを思い出しています。2017年の大阪。楽しそうに演奏をする4人につられて、自然と体は揺れて無意識に頬が緩んでしまう。仕事や生活のあれこれは忘れてただただ楽しい時間。会場をあとにしても続く多幸感に、すぐに帰るのは惜しい気がしてどこに行くでもなく寒い夜道を練り歩きながら、ライブにまた絶対行こうと思ったのを覚えています。

toconomaはメンバー4人全員が音楽以外の仕事もしているインストバンドです。平日に別の仕事をしながら週末の時間を使ってライブ活動をする。そんな生活を16年も続けながら、規模の大きなワンマンやフェスにも出演し続けていることは本当に尊敬しています。それでも何故かずっと近いところにいるバンドに思えてしまう不思議。

昨年のツアーでも、ステージからフロアにおりて同じ目線で演奏してくれているような。もっと言うと、仕事のない休日に4人のいる家に遊びに行って「週末くらい一緒に楽しもう」と言ってもらっているような。そんな雰囲気すら感じさせてくれるtoconomaの魅力に惹かれっぱなしです。

今月リリースされた新曲「Open World」は皆さんお聴きになりましたでしょうか?かっこよくて、踊れて、笑って泣ける、私が思うtoconoma節が全開です。毎日聴いていますが、しゃけ音楽会に向けて気分が高まります。これほんとおすすめです。

toconomaの出演が決まったときに真っ先に思い出したのは、昨年日比谷公園大音楽堂で行われた15周年記念ライブ。行きたくても行けなかった北海道のファンの方も多いはず。私もその一人です。野外で聴くtoconomaのかっこよさを知っているからこそ悔しかった、、

2024年6月15日、場所は札幌芸術の森野外ステージ。かっこいい4人とあの野外の素晴らしいステージで遊べることが分かっています。難しいあれこれは一旦忘れて、ただただ音楽に身を委ねれば大丈夫。そこにはきっと仕事も年齢も性別も国籍も関係ない。最高の週末を4人と過ごすだけ。

戻る

最新情報はこちらから